ホーム > コワイ歯の4大トラブルを知る > 歯の黄ばみ、変色の原因と予防(ホワイトニング)

コワイ歯の4大トラブルを知る
  • 虫歯の原因と予防
  • 歯周病の原因と予防
  • 口臭の原因と予防
  • 歯の黄ばみ、変色の原因と予防(ホワイトニング)

歯の黄ばみ、変色の原因と予防(ホワイトニング)

歯のくすみや黄ばみが気になっている人は多いようです。歯の色は何で決まってくるのでしょうか。歯の最表層であるエナメル質はほとんど色のついていない半透明の硬い結晶で出来ているため、その歯本来の色は、その内側にある象牙質の色が透けて見えているものです。元々の色よりも濃くなる、黄ばんでくる原因は大きく分けると二つ。外からの着色や黄ばみ(ステイン)と、内からの変色です。

内側から歯の色を変える「変色」の原因と予防

内側から歯の色を変える「変色」は、歯そのものの色が変わってくることを言います。
原因としては、テトラサイクリン系抗生物質を服用すると象牙質に帯状茶褐色色素沈着、あるいは歯全体が変色することがあります。歯茎の中で歯が形成されるときに生じるため、妊娠中の母親の服用が胎児の歯の色に影響を及ぼしたり、乳幼児期の服用が後々生え変わる永久歯に影響します。エナメル質形成期間中に打撲などの局所的衝撃、ホルモン異常、栄養障害、高熱など、全身的な原因からエナメル質に白斑や褐色班が出来ることがあります。これも歯茎の中で歯が形成されているときに生じるため、何年も後に歯が出てきてから気づきます。またフッ素の過剰摂取による白斑。虫歯による白斑、黒変。虫歯治療による金属詰め物や被せものによる変色。進行した虫歯の治療で神経を除去した後の変色などもあります。そして、加齢による変色。歯は歳を重ねるごとに徐々に濃くなる傾向があります。これは最表層のエナメル質の結晶透明度が上がったり、歯ブラシの摩耗などで薄くなったり、噛む力でクラッキングという亀裂が生じるために、内側の象牙質の色がいちだんと透けて濃く見えてきます。
ひとたび歯の変色が生じると、歯磨きだけでは色は改善しません。まずは歯医者さんによるプロのクリーニングで外からの「着色」をしっかり落として本来の歯の色を取戻してから相談。最近では歯のホワイトニングにも多くの人が挑戦しています。歯のエナメル質や象牙質の黄ばみを薬剤で漂白することをホワイトニングと言い、歯科医院で施術するオフィスホワイトニングと、歯科医の指導を受けキットを購入して自分で行うホームホワイトニングがあります。

外側から歯の色を変える「着色」の原因と予防

外側からの歯の色を変える原因「着色」は、飲食物や嗜好品によって歯の表面に着色汚れが付着することを言います。例えばコーヒーやウーロン茶、紅茶、漢方薬、赤ワイン、コーラ、ココアなど色や渋の濃い飲み物をよく飲む人、カレー(ターメリック)チョコレート、ケチャップ、マスタード、ブルーベリー、クランベリーなど色の濃い食品やたばこも歯の色に影響を与えます。
着色はある程度自分の力で防ぐことが出来ます。基本は毎日の歯磨き。特にこれらの飲食をしたときはなるべく早く磨けば比較的簡単に落ちます。カレーを食べた後の食器を思い浮かべてください。汚れは時間とともにこびりついて落としにくくなります。
研磨剤入りの歯磨き粉も着色汚れを落とすには効果的です。但し研磨剤の粒子が大きいものは着色汚れだけでなく歯の表面も傷つけてしまうので使用方法、頻度に注意が必要です。安全なのは、たばこのヤニなどの脂溶性着色汚れを効果的に溶かす成分(PEG-8)や、着色汚れを吸着しやすい成分を配合した美白歯磨き粉を選ぶこともおすすめです。
また、同じ飲食や嗜好品をとっていても、歯に着色がつきやすいかどうかの要因もあります。生まれつきザラザラ粗造な歯の表面や、ごく初期の虫歯で初期脱灰になった歯(酸によりエナメル質からカルシウムが溶出して結晶が粗造になってしまった歯)は、着色汚れがつきやすく、適切な歯磨きをしないとなかなか落とせません。
また最近増えている口呼吸の人も、乾燥により着色汚れがこびりついてつきやすく、落としにくい傾向があります。歯ブラシでは届かない歯と歯の間や溝の着色は、歯医者さんによるプロのクリーニングを定期的に受けることも必要です。
着色の予防は、適切な歯磨き粉を選び、丁寧にこまめな歯磨き習慣が基本です。

PAGE TOP