ホーム > コワイ歯の4大トラブルを知る > 歯周病の原因と予防

コワイ歯の4大トラブルを知る
  • 虫歯の原因と予防
  • 歯周病の原因と予防
  • 口臭の原因と予防
  • 歯の黄ばみ、変色の原因と予防(ホワイトニング)

歯周病の原因と予防

成人の80%以上がかかっている(!)と言われている歯周病。しかも、いったん進行していってしまうと元通りには戻れないのが歯周病の恐ろしいところ。歯を失う一番の原因も、虫歯ではなく歯周病なのです。意外と知られていない歯周病の原因と予防法をチェックしておくことは、生涯白く健康な歯を保つ近道です。

歯周病の原因を総ざらい!

「歯周病」という言葉、いつのまにか当たり前のように耳にするようになりましたね。でも改めて考えてみると、歯周病について詳しく説明できる人はどのくらいいるでしょうか。歯周病っていったい何なんでしょう?虫歯とは違うのでしょうか?そのメカニズムと原因をチェックしていきましょう。
「歯周病」とは、歯の周りにあって歯を支えている歯周組織が歯周病菌に感染することで、歯肉が腫れたり、出血したり、膿が出たり、最終的には歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かして歯が抜けてしまう病気の事を言います。
炎症が歯肉の部分だけに限られている状態は『歯肉炎』といわれるもので、正しいブラッシングや生活習慣の改善、定期的なプロによるメンテナンスで食い止めることも可能です。ただ、炎症が歯肉から広がって、歯を支えている歯根膜や歯槽骨を破壊するほどに進行してしまったり、あるいはかみ合わせのバランスが悪く、強く噛む事で進行する『歯周炎』は、すぐに歯医者さんでの治療が必要です。
歯周組織が歯周病菌に冒されると、まず菌の入り口である歯肉が腫れたり出血しやすくなります。症状が進行すると、歯周ポケットのより深くまで菌が侵入して、歯周組織を破壊し、歯がグラつくようになったり、最悪の場合は歯が抜けてしまうことも…。
「虫歯でもないのに歯が抜けちゃうの!?」とビックリするかもしれませんが、歯は歯周組織によって支えられています。歯の状態がどんなに健康でも、支えがなくなると、歯だけでは立っていられなくなり、やがて倒れてしまうのです。
また、歯周病は生活習慣病のひとつとされており、若いうちからの生活習慣の蓄積から引き起こされる病気。だからこそ、歯周病になる前の“予防ケア”が肝心なのです。

歯周病の治療法は?

厚生労働省の2011年度歯科疾患実態調査では、30代の約8割が歯ぐきに何らかの炎症を持っている…すなわち歯周病にかかっている可能性があると報告しています。
歯のまわりにある歯槽骨を溶かしてしまう歯周病は、一度かかってしまうと簡単に治ることはありません。虫歯なら、薬で殺菌を期待したり削ったりかぶせ物をしたりして、さまざまな治療をほどこすことができますが、歯周病で一度溶けた骨は現在の医療では元に戻すことは出来ないのです。
そのため、歯周病予防が何より大事。それでも歯周病にかかってしまったら、次にできるのは歯医者さんで治療を続けながら毎日の自分ケアも徹底して「できるだけ進行を抑えること」しかありません。
歯周病の治療法は、軽い症状なら「プラークコントロール」が基本です。要は歯周病菌が潜む歯垢(プラーク)を取り除き口内環境を良くすることです。歯垢除去は毎日の丁寧な歯磨きで行うことができますが、より積極的に除去するなら、歯医者さんで頑固な歯石も取り除く「スケーリング&ルートプレーニング」を行うことで歯ぐきの炎症を抑え、歯周ポケットも浅くなります。
また、意外と知られていない原因として、歯を傷つけ、歯周病を引き起こしやすくする歯ぎしりや噛み合わせの不具合。プラークコントロールと同じくらい大切です。歯周病予防として定期的に歯医者さんで診てもらいましょう。

歯周病の効果的な予防対策とは?

最近の研究では、歯周病原菌やその内毒素(LPS)、炎症性サイトカインが、血管を通じて全身にも影響を及ぼすことが明らかになってきました。歯周病は歯ぐきから血が出る程度の病気、というものではなく、全身の重大な病気にもつながっていく怖い病気なのです。例えば、歯周病の人は健康な人に比べて心筋梗塞を起こすリスクが約3倍も高いと言われています。また、25歳から45歳くらいの若い人が歯周病にかかっていると、心臓病や心筋梗塞を引き起こす確率が70%近くも上がるとも言われています。恐ろしい歯周病を未然で防ぐためにも、日々のケアに気をつけていきましょう。
歯周病対策は、歯周病菌を寄せ付けない口内環境づくり…つまり、歯磨きが最重要です。お口の中を清潔にして歯ぐきの抵抗力、歯ぐきの力を上げておきましょう。
歯周病菌は、歯周ポケットの中の歯に付着している歯垢の中に潜んでいます。歯周病の予防策としては、毎日の歯磨きでしっかりこの歯垢を取り除くことがポイント。歯磨きと合わせて、歯ブラシでは届かない歯と歯の間や歯周ポケットにはデンタルフロスなども活用することもおすすめです。
歯周病が進むほど、歯ぐきの歯周ポケットが深くなります。歯周病予防は、日々の小さな積み重ね。歯磨きのあとには磨き残しがないよう念入りにチェックする生活習慣を30代から身につけましょう。
最近では歯周病予防に重点を置いた歯磨き粉やデンタルリンスなどの商品も豊富です。上手に取り入れてしっかりプラークコントロールを行い、歯周病を予防していきましょう。

PAGE TOP