ホーム > コワイ歯の4大トラブルを知る > 虫歯の原因と予防

コワイ歯の4大トラブルを知る
  • 虫歯の原因と予防
  • 歯周病の原因と予防
  • 口臭の原因と予防
  • 歯の黄ばみ、変色の原因と予防(ホワイトニング)

虫歯の原因と予防

歯の最大の敵と言えば、「虫歯」。放っておくと歯を溶かして神経まで到達し、私たちの大切な歯を奪ってしまいます。虫歯治療は、悪いところを除去し、新しい材料で修復します。「治る」とはいっても元の歯には戻れません。子どもから大人まで、いくつになってもつきまとう虫歯のリスク。虫歯ができる原因を知り、正しい予防法をマスターしましょう。

虫歯の原因を総ざらい!

まずは、虫歯がなぜできるのか、そのメカニズムをおさらいしましょう。
私たちの歯は3層構造になっています。歯の根を覆っているのがセメント質で、普段は歯肉の中にあって見ることはできません。一方で、歯の頭を覆っているのがエナメル質。私たちが目にしているのは、このエナメル質です。そして、エナメル質とセメント質の下にあるのが、象牙質です。
エナメル質はとても硬い組織で、歯をさまざまな外敵から保護してくれています。ところが、私たちの口の中には虫歯菌などさまざまな細菌が棲息していて、私たちが食事をするたびに瞬時に糖などの栄養を取り込んで「歯垢」(プラーク)とい多糖類と菌の集合体を産生。その中では酸が産生され、この酸が歯のエナメル質を溶かしているのです。
溶けた歯の表面は豆腐のように柔らかくなって、ミネラルやカルシウムなどの成分が流れ出していきます。柔らかくなった歯に虫歯菌が入り込み、さらに内部へ潜り込んで歯を溶かしていく…これが虫歯が広がっていってしまう仕組みです。

虫歯を放っておくとどうなるの?

私たちの歯は食事のたびに、表面からカルシウムなどのミネラルが溶け出す、ということを繰り返しています。
虫歯の原因となる虫歯菌は、食事の後にしっかり歯磨きをすることで、歯の表面から取り除くことができます。そうしてやることで、歯は自分の力で溶け出した成分を取り戻し、より強い歯にしようとする修復作業を行います。これが「歯の再石灰化」と呼ばれる現象で、歯の再石灰化がスムーズに行なえれば、虫歯を予防することができるのです。
ところが、せっかく磨いても磨き残しがあったり、そもそも歯磨きをしなかったりすると、歯の表面では沢山の虫歯菌を含んだ歯垢が厚くなり、さらに菌がうじゃうじゃ繁殖し、歯の再石灰化が追いつかなくなってしまいます。そのまま放っておくと、菌の産生した酸の力で歯の表面のエナメル質をどんどん溶かしていき、やがて表面のエナメル質から象牙質、そして奥の歯髄(歯ずい)へと入り込んでいきます。
虫歯菌の侵食がエナメル質のごく浅い層止まりの比較的軽い状態なら自覚症状はありませんが、虫歯が象牙質に近づくと、甘いもの、冷たいもので歯がキーンとしみたり、時々ジクジクと傷むようになります。さらに歯髄まで虫歯菌が到達し、歯の神経まで侵されてしまうと、眠れないほどズキズキ傷んだりするようになります。そうなると、血管や神経の入った歯髄の中を除去、殺菌して歯にかぶせものをしたり、抜歯するといった治療が必要になってしまいます。

虫歯の効果的な予防対策とは?

いつまでも丈夫で白い歯で思いっきり笑ったり、おいしいものをたくさん食べたい!そのためには、虫歯は絶対に避けたい厄介者です。けれど虫歯菌は常に私たちのお口の中に隠れ住んでいるのです。ちょっとでも油断すれば、あっという間に悪さを始めてしまいます。
どうすれば、いや~な虫歯を予防できるでしょうか?その最も効果的な予防策といえば、ズバリ!「毎日の歯磨き」。
「なんだ、そんなことなら毎日やってるわ」と思うかもしれませんが、あなたは本当に正しい歯磨きが出来ているでしょうか?歯磨きは、やり方ひとつで虫歯の原因となる虫歯菌から歯を守り、白くてキレイな歯をキープするための最大の予防策となってくれるのです。
虫歯の原因となる虫歯菌は、歯垢(プラーク)の中に潜んで歯の表面に付着しています。歯垢は柔らかいため、歯ブラシなどで丁寧にかきだせば取り除くことができます。けれど、しっかり取り除かないままにしていると、歯垢はどんどん積層して厚くなり、時にわずか約2日で硬い歯石に変化。石のように固まった歯石になってしまうと、もう簡単には取り除くことができなくなってしまい、歯医者さんでケアしてもらわなくてはいけません。
つまり虫歯予防のポイントは、出来たばかりの歯垢を落とすこと。毎日のオーラルケアでその日のうちにしっかりかき出してしまうこと!歯磨きのタイミングは毎日の食事の直後がベスト。何となく歯の表面をシャカシャカ磨くのではなく、歯垢を『掻き出す』ことを意識してください。歯は1本1本を意識して細かく丁寧に磨きます。歯並びの悪いところや歯と歯の隙間や歯の裏側にも歯垢は溜まりやすいので、是非、鏡を見ながら歯の360度を意識して、忘れず念入りに。毎日の歯磨きで磨き残しを無くすことが、虫歯の原因となる菌から、私たちの大切な歯を守る最も近道なのです。

PAGE TOP