ホーム > オーラルケアQ&A > “歯石”ってなに?

Q.“歯石”ってなに?

A.歯垢が石のように固まったもの。お口のトラブルを呼び寄せる厄介者!

私たちの口の中には常に数百種類の細菌が棲息していて、人間の身体の中で最も多くの細菌が繁殖している場所だと言われています。これらの細菌が何らかの条件で急激に増えたり、歯や歯ぐきの隙間に残った食べカスと結びつくことでできるのが、いわゆる「歯垢」と呼ばれるもの。最近では「プラーク」とも呼ばれていますが、歯垢はいわば虫歯菌などの細菌のかたまりなのです。

歯垢はしっかり歯磨きをしていれば、簡単に取り除くことができます。けれど歯を磨かなかったり、磨き残しがあったりして歯垢をそのまま放置していると、唾液の中のカルシウムなどと結合して石灰化し、石のように固くなってしまいます。これが「歯石」の正体です。

歯垢が歯石に変わるのはおよそ2日と言われ、歯石に変わってしまうと歯磨きではなかなか取れにくくなってしまいます。さらに歯石の表面は凹凸になっているために歯垢がつきやすくなり、歯石に歯垢が付着してどんどん大きくなっていく…という悪循環に陥ってしまうのです。

歯石が大きくなる過程でステイン(着色物質)などを取り込んで固くなっていくため、歯石が増えると歯の表面の黄ばみが目立つようになります。また細菌のかたまりである歯石が温床となって、歯周病などさまざまなお口のトラブルを引き寄せてしまうのです。白い歯や健康な口内を目指す上で、歯石は絶対に排除しなくてはいけない悪の塊。

それなのに、歯石は一度ついてしまうと、自力の歯磨きでは簡単に取り除くことができません。そこで定期的に歯医者さんで歯石を取ってもらうことが必要になってくるのです。最近では自宅で歯石を取れるグッズも販売されていますので、歯医者さんの指導を受けた上で、そうしたものを利用するのもいいかもしれません。その際は歯肉を傷つけないようにじゅうぶん気をつけましょう。

歯石を取り除いた後しばらくは、歯と歯の間がスカスカしたり、歯がぐらつくことがあるかもしれません。でもそれは歯がそもそもの環境にリセットされた証拠。

歯石があったスペースに再び歯垢がたまらないよう、歯石を取った後は今まで以上に念入りに歯磨きを行いましょう。1日3回、毎食後の歯磨きを念入りにすることで、歯垢の歯石化を防ぎ、将来的なお口の健康をつくっていくことができます。

監修 ホワイトガールプロジェクト編集部

Advanced Topics

『プラークコントロール』の重要性

CMやTVなどでよく耳にする『プラークコントロール』とは、“歯周病の原因である歯垢(プラーク)を減らし、歯周病や虫歯を予防する”という意味です。歯垢とは歯に溜まった食べかすではなく、歯の表面にこびりついた細菌の塊のこと。健康な歯を保つためには、その歯垢を除去していくことが肝心なのですが、どれだけ丁寧にケアを行なっても口の中の細菌を完璧に追い出すことは不可能です。そこで、歯垢の増殖を抑制することに注力し、歯周病や虫歯になることを未然に防ぐ、という考え方が重要になってきます。
プラークコントロールと言えば歯磨き、という印象を持たれている方も多いかもしれません。確かに、歯磨きは何より大切なプラークコントロールです。毎日丁寧に、1本1本の隙間まで気をつけて磨くことを意識しましょう。ただ、歯磨きだけがプラークコントロールではありません。例えば歯周病にかかっている人は歯周ポケットが深くなっているため、ポケットに入り込んだ歯垢を自分で全て掻き出すのは難しいでしょう。また、歯の表面がザラザラしている人は、マメに歯を磨いていても、食事をするたびに歯垢がこびりつきやすくなってしまっています。そういった場合に歯医者さんの力を借りることも、プラークコントロールのひとつです。定期的に歯医者さんのクリーニングやPMTCで歯垢を取りツルツルの歯にしてもらうことで、歯垢が残りにくい歯を保つことができます。
また、繊維質の食品を良く噛んで食べたり、寝る前の飲食を控えるなどすることも、歯垢を減らすひとつの取り組みとして有効です。
日々の意識的なプラークコントロールによって、いくつになってもトラブルの無い美しい歯を保つことができます。正しい口腔ケアと生活習慣に加え、良質なオーラルケアグッズや歯医者さんの力を借りながら、楽しくプラークコントロールに取り組んでいきましょう。

PAGE TOP