ホーム > オーラルケアQ&A > 歯の黄ばみやステイン(着色)が取れないのはなぜ?

Q.歯の黄ばみやステイン(着色)が取れないのはなぜ?

A.黄ばみやステインが歯の表面にあるタンパク質と結びついてしまうから。

いつまでも白くてキレイな歯でいたい!と、女性なら誰でも願うもの。でも私たちのまわりには、歯をくすませてしまう強敵がいっぱい。知らず知らずのうちに歯に黄ばみが現れて、鏡をのぞくたびにガックリ…なんてことになりかねません。

まず、歯の黄ばみやくすみとセットでよく耳にする『ステイン』とはなんでしょうか?ステインとは、歯の表面の着色や汚れのこと。食事やタバコを吸うことで付着しますが、食後の歯磨きで取り除くことができます。しかし食事は毎日取りますし、食べてすぐ磨けなかったり、磨き残しがあることもあります。そうした小さな汚れが蓄積されると『ステイン』になってしまうのです。

ステインの原因となる成分が含まれた食べ物は身近に多くあります。
赤ワインやチョコレートに多く含まれているポリフェノールは有名ですよね。でも、お茶に含まれているカテキンやソバに含まれるルチン、大豆食品のイソフラボンもポリフェノールの一種。緑黄色野菜などにも含まれています。
また、コーヒーや紅茶に含まれているカフェイン。1日に何杯もコーヒーを飲むという人は多いと思いますが、こうした毎日の積み重ねが黄ばみにつながってしまいます。ネギ類やにんにくに含まれるイオウ成分、燻製食品に含まれるタールも着色しやすい食べ物。
他にもカレーやキムチ、トマトパスタなど濃い色のついた食べ物も、歯の黄ばみの原因になります。タバコのヤニも歯にどんどん汚れやざらつきを蓄積させていきます。

歯の黄ばみは、こうした「ステイン」と「歯の表面のタンパク質」が結びつくことで起きます。歯をみがいた後は、歯の表面がツルツルしていますが、しばらくするとぬるっとした膜で覆われます。これが唾液から分泌されたタンパク質の膜で「ペリクル」とも呼ばれます。ペリクルには歯の表面にしっかり密着して歯を保護する働きがあり、歯の表面からカルシウムやミネラルが溶け出すのを防いで、歯の再石灰化を助けるという働きがあります。けれど一方で、細菌やステインを呼び寄せて付着させるという、困った働きもしてしまいます。

歯の黄ばみやステインは歯みがきをすることで、歯の表面のペリクルと一緒に剥がれ落ちます。しかし、1時間もするとまたペリクルに付着してしまい、そのまま放置すると歯の表面にステインが沈着していってしまうのです。さらに歯石がたまって歯がざらつくと、よけいにステインは沈着しやすくなる、という悪循環に。

大きなくすみや黄ばみにならないように、大切なのは毎日の歯磨きをしっかりと行うこと。なるべく食後すぐに丁寧に歯を磨くことで、ステインの沈着をガードしましょう。ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ったり、電動歯ブラシなどで細かくブラッシングすることで着色汚れは薄くすることができます。

また、歯は年とともに黄ばんでいってしまいます。だから、どれだけ必死に磨いていたとしても、加齢とともに歯の色が変化していくのはある程度仕方がないことなのです。そうした黄ばみが気になる場合は、歯医者さんでの定期的なクリーニングや、専門クリニックでのホワイトニングでも、ワントーン白い歯を取り戻すことができます。

監修 ホワイトガールプロジェクト編集部

Advanced Topics

歯科医での歯・歯茎の着色汚れ治療

いくら丁寧に磨いても、手磨きでは落ちきらない歯や歯茎の着色汚れがあります。そうした頑固な着色汚れも、歯医者さんで行なう歯のクリーニングなら、汚れをすっきりと落としてもらうことができます。
歯医者さんで行なう『歯のクリーニング』とは、歯の表面にこびりついてしまった汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を、専用の器具やマシンで取り除く治療法のこと。歯の表面の着色や歯垢・歯石は、虫歯や歯周病の原因。特に歯石は手磨きで落とすことはできないものです。虫歯や歯周病を防ぐためにも、見た目を美しく保つためにも、自分では落としきれない着色汚れや歯垢・歯石は定期的な歯医者さん通いでケアしていく必要があります。
さらに歯をツルツルに見せたいという方にはクリーニング後のPMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)がおすすめ。PMTCとは、歯と歯の間や歯と歯肉の境目など、自分では落とせない歯の隙間の汚れを落とし、さらに歯の表面についてしまったワインやコーヒー紅茶などの茶渋、タバコのヤニなどの着色汚れなどを取り除く治療のこと。歯の表面を軽く研磨してフッ素の塗布を行なうため、歯の表面がなめらかになり、ツヤのある美しい歯が得られます。また、歯の表面がツルツルになることで、次の汚れが付きにくくなり、虫歯予防にもなります。

PAGE TOP