ホーム > オーラルケアQ&A > 歯ぐきが健康的なピンク色になるには、どうすればいいの?

Q.歯ぐきが健康的なピンク色になるには、どうすればいいの?

A.歯肉マッサージ&専門家のケアで黒ずみを防ぎましょう。

笑顔がステキな口元美人になるには、白くて美しい歯だけでなく、ピンク色の歯ぐきも重要なポイント。顔色がよく見え、相手にも明るく健康的な印象を与えますよね。

とはいえ、歯の色は意識しても、歯ぐきの色というのは意外と意識しないもの。この機会にぜひ、鏡であなたの歯ぐきの色をじっくり眺めてみてください。「えっ?いつのまにこんなにくすんじゃったの!?」と驚く人もいるかもしれません。

歯ぐきの色がくすんだり黒ずんだりしてしまうのは、タバコのヤニやメラニン色素の沈着、赤ワインなどに含まれるタンニンの沈着がひとつの原因です。また、加齢からくる血行不良で色がくすむこともあります。

虫歯による黒ずみや、歯周病による黒ずんだ腫れの場合もあります。そのような場合はしっかりと歯医者さんで治療を行なうことが必要です。
虫歯治療の後に入れたかぶせ物の金属が歯ぐきの中に溶け出し、歯のまわりに黒ずみが現れることがあります。

金属による黒ずみはタトゥーと同じ状態になるため、取り除くことは難しいようです。ただ、色素沈着や血行不良からくる黒ずみは、さまざまな形で改善することができます。

自分で出来る一番カンタンな方法が、歯肉マッサージ。人さし指の腹を使って、前歯から奥歯へ向かって円を描くように歯肉をマッサージしていきます。歯と歯の間や、歯の根元を指でつまんで刺激を与えるのもオススメ。こうすることで、歯肉が刺激されて血行がよくなり、くすんだ歯ぐきが健康的なピンク色に変わっていきます。夜寝る前の習慣として、歯ぐきをくるくるマッサージしてやるといいかもしれません。

もっとしっかりピンク色にしたい!という人には、歯医者さんにお願いする方法もあります。それが審美歯科で受けられる「歯肉ホワイトニング」と呼ばれる施術。歯肉に特殊な薬液を塗ることで表面のステインを除去し、歯ぐき本来の自然なピンク色を取り戻すことができます。

タバコのヤニやメラニン色素などによる黒ずみは、レーザー治療でピンク色の歯ぐきが戻ることもあります。「ガムピーリング」と呼ばれる施術で、気になる歯ぐきに局部麻酔をほどこしてレーザーを照射することで、歯ぐきの表面がはがれ落ち、新しく再生します。こうすることでメラニン色素などが除去され、健康的なピンク色の歯ぐきに生まれ変わります。

顔の印象を左右する、ピンク色の歯ぐき。自宅でのオーラルケアと歯医者さんでのケアを上手に組み合わせて、口元美人をめざしましょう!

監修 ホワイトガールプロジェクト編集部

Advanced Topics

歯肉炎と歯周炎の違いとは?

歯周病の原因菌は、不十分な歯磨きによって歯に残る歯垢が口内に増えると増加します。歯周病菌は酸素を嫌う嫌気性なので、特に歯肉溝(歯と歯肉の間の溝)に入り込んでいる歯垢など、酸素の少ない部位で増えることがわかっています。歯周病菌は長い期間をかけて病気を引き起こします。歯周病菌の増加とともに歯肉の腫れや出血などの症状が現れ、口臭がするようになり、進行すると歯を支える骨も溶けて歯を失ってしまうのです。
歯肉炎と歯周炎は、ともに歯周病の一種。歯周病にも様々な症状がありますが、ざっくり言うと、歯肉炎から歯周炎へと症状が進んでいきます。
歯肉炎は歯周病の初期段階。歯周病菌が付着することで歯茎が赤く腫れたり、歯磨きで出血しやすくなる状態です。歯肉炎の段階では歯と歯茎の間の組織が炎症を起こすことが多く、この段階ではまだ自覚症状を持つ人は多くありません。また「歯茎が腫れたくらいで歯医者さんへ行くなんて…」と治療に行かない人もいますが、歯肉炎の段階であれば、歯周病の進行を食い止め、完治することも出来ます。歯肉炎のサインに気付いたら、すぐに歯医者さんへ行くようにしましょう。
歯周炎は、歯茎の腫れや出血だけでなく、歯を触るとグラグラしたり、以前よりも歯が長く見えるようになるなどの症状が出てくる段階です。それらの現象は歯周組織のセメント質や歯根膜、歯槽骨などが溶けてしまったことによるもの。そうなることで歯周ポケットが深くなり、さらに歯垢が溜まります。歯医者さんで治療を受けないで放っておくと、そのうち歯が抜けてしまいます。歯周炎まで症状が悪化してしまうと、治療も大変ですし、最悪手遅れで、どうしようもなく歯を失ってしまう場合もあります。
そうならないためにも、定期的に歯医者さんに通うなどして予防をしっかりとすることが肝心です。しかし、もしなってしまった場合は、症状が軽いうちに歯医者さんへ行きましょう。

PAGE TOP