ホーム > オーラルケアで知っておきたいポイント > プロフェッショナルケア編

オーラルケアを始める前に…オーラルケアで知っておきたいポイント

プロフェッショナルケア編

自分では行き届かないケアをプロにバックアップしてもらおう!

いくらセルフケアを念入りに行っても、60%位しか歯垢は除去出来ないと言われています。そこで上手に利用したいのが、歯医者さんでのプロフェッショナルケア。30代からは、歯医者さんは治療に行くところではなく、メンテナンスをするところだと考えて。かかりつけの歯医者さんを見つけ、定期的に通うことで、白く健康な歯と歯ぐきをキープしましょう♪

監修:医療法人社団 林医院 林ゆき枝 先生
開業とフリーランスで矯正歯科診療。脳外科では口腔リハビリにも携わる。「食育・歯育」「姿勢とかむこと」をテーマに研究、講演活動を行う。マラソン大会ではランニングドクター®としてボランティア走もする。

かかりつけの歯科医さんを探そう

「歯医者さんは、虫歯ができたら治療に行くところ」という意識は、20代でおしまいにしましょう。悪くなったら治療するのではなく、悪くなる前に予防するのが30代のオーラルケア。そのため欠かせないのは、かかりつけの歯医者さんの存在です。髪型を整えるためにヘアサロンに行くように…、お肌のコンディションを整えるためにエステやビューティサロンに通うように…、キレイな白い歯のため、定期的に歯医者さんに通ってお口の環境や歯の状態を常に把握しておきましょう。
クリニックでは定期検診と合わせて、セルフケアでは取り除けない歯石を取ったり、クリーニングやホワイトニングなどのプロフェッショナルケアを受けることで、デリケートな30代のお口のコンディションを常に良好に保つことができます。一度口内環境が崩れると、歯周病や虫歯リスクがあっという間に高まってしまいますので、定期健診でトラブルの芽を摘んでいきましょう。
また、最近人気のプロフェッショナルケアが「PMTC」と呼ばれるスペシャルケアです。「PMTC」とはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、普段の歯磨きで取りこぼした磨き残しや、歯周ポケットの中の根の部分などの汚れを丁寧にかき出し、ザラついた歯の表面をツルツルに磨いた後、フッ素を塗って歯を強くしてくれるケアのこと。別名「歯のエステ」とも呼ばれるオーラルケアで、終わったあとは歯が白く輝き、ツルツルのピカピカになります。とくに矯正やブリッジをしている方やタバコを吸われる方など、歯の磨き残しやくすみ、黄ばみなどが気になる方は、数ヶ月周期で定期的に「PMTC」を受けるだけで、口元の印象や環境はガラリと変わるでしょう。

定期的な歯石除去は良いことだらけ!

プロフェッショナルケアが必要な理由のひとつが、「歯石の除去」です。食事のたびに作られてしまう歯垢は、すぐに歯磨きをすれば比較的簡単に取り除くことができます。けれど、磨き残しなどで歯垢がそのまま放置されると、唾液中のカルシウムやリンと結合してわずか約2日で歯石に変わってしまうのです。石のように固まってしまった歯石は、セルフケアでは取ることができません。さらにそのままにしておくと、歯周病や虫歯、口臭の原因になるなど、さまざまなお口のトラブルを引き起こしてしまいます。
そこで歯医者さんに定期的に通って、歯石を取ってもらうことが大切なのです。歯石がなくなると、少し歯の間や歯ぐきとの境目がスカスカしたり、歯がぐらついて感じることがありますが、それはお口の中がリセットされた証拠。歯石がなくなることで歯周病の予防になるだけでなく、歯磨きの時に血が出ることがなくなったり、気になる口臭が解消されるなど、嬉しい効果もいっぱいですよ。
また、歯石を取る際には必ず検査が行われるのが基本です。歯周ポケットの深さや歯ぐきからの出血の有無、歯のぐらつきなどがチェックされ、レントゲンで歯と骨の状態をしっかり把握した上で治療が行われます。そのため、お口のコンディションがよくわかり、結果を自宅でのオーラルケアに反映すれば、もっと効果的なケアができそうですね。

『ホワイトニング』とは?

魅力的な口元の条件は、虫歯や口臭のない良好なコンディションに加えて、自然な白い歯の色であること。笑うたびにこぼれる歯の白さは、女性ならいつまででも保ち続けたい憧れの色ですよね。
ところが年齢とともに、歯は次第に蓄積され続けてきたくすみが目立つようになってきます。くすんでしまった歯をもう一度白くするために活用したいのが、歯のホワイトニング。歯に美しい白さを取り戻す施術です。ホワイトニングには、自宅で行うホームホワイトニングと、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングの2種類があります。
オフィスホワイトニングは、歯に専門の薬を塗り、レーザーや光を当てて歯を白くするという方法。短時間で効果が出る即効性の高い方法ですが、歯の白さが持続する時間も短く、定期的に通う必要があります。
一方でホームホワイトニングは、歯形に合わせて作られたマウスピースにホワイトニングジェルを流し込み、歯に装着して白くします。即効性はありませんが、2週間ほどで効果が現れ、白さは使用回数で多少コントロール出来、オフィスホワイトニングより長持ちすると言われています。
また、白さの結果は弱めですが毎日の歯磨きの中でホワイトニングを意識するなら、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を選ぶのがおすすめ。プロフェッショナルケアは高くてちょっと…という方でも、歯磨き粉なら日常使いで取り入れることができます。但しいずれも外からの着色(ステイン)はきれいに落とせている事が前提です。
最近ではホームケアとオフィスケアを組み合わせてホワイトニングを行うメニューも人気。上手に歯医者さんの力を借りて、白く健康な歯を保ちつづけましょう。

PAGE TOP