ホーム > 30代の歯の真実 > 30代から始めよう、本格的なオーラルケア

真実1 30代の歯の現状は?

真実2 30代から始めよう、本格的なオーラルケア

虫歯や歯周病にかからないように…、口臭の原因を作らないように…、歯のくすみやざらつきを蓄積しないように…。様々なお口のトラブルを早め早めから予防していくためのケアが、30代から始めたいオーラルケア。セルフケアとプロフェッショナルケアを組み合わせて、トラブル知らずの健康なお口をいつまでもキープしましょう。

今日から始める、『ちゃんとした』オーラルケア。

20代までは、とりあえず毎日自己流の歯磨きだけを行い、虫歯ができたら歯医者さんで治療するという対処療法でやり過ごしてきた方は多いでしょう。けれど30代もそのままでは非常に危険。
30代になると、お口の健康を支える唾液の分泌が減り始め、歯肉が下がってきて歯周病のリスクが高まっていきます。エイジングにともなって歯のくすみや黄ばみも目立つようになります。お肌のケアを20代と同じようにしていたらシワやたるみがどんどん出来ていってしまうように、お口の中のケアも、20代のケアでは“老化”を防ぐことができません。
30代で意識したいのは、“悪くなってから治療する”のではなく、“悪くならないように予防して健康な歯をキープする”こと。それが30代のオーラルケアの基本スタンスです。

歯を失う原因になる虫歯や歯周病からお口を守るには、毎日のセルフケアが一番重要。つまり、毎日の丁寧な歯磨きを始めとしたオーラルケアです。
最近では虫歯や歯周病を予防してくれるオーラルケア商品がたくさん販売されていますので、じょうずに取り入れてしっかりケアしていきましょう。これまではなんとなく磨いていた歯磨きも、正しいブラッシング方法をこの機会にマスターしておきたいものです。毎日のオーラルケアをしっかり続けつつ、定期的に歯医者さんなどで歯石取りや歯のメンテナンスを行って、自分では行き届かないケアをプロフェッショナルケアでカバーしましょう。
歯がなくなると、食べ物をしっかり噛めなくなって食事が楽しくなくなったり、表情が変わってしまったりします。いくつになっても丈夫で健康な白い歯で、思いっきり笑ったり、おいしい食事をしたいもの。30代からのオーラルケアが、これからのあなたの人生を大きく左右するかもしれません。

TOPIX トピックス

インターネットサイト『キレイスタイル』のアンケート調査によると、アラフォー女性の14.3%が「虫歯がなくても3ヶ月に1回はクリニックに行く」と答えています。またクリニックに行く理由は「歯垢・クリーニング」が半数近くを占めています。このことから、30代以上の女性は、単なる虫歯治療だけでなく、定期的に歯医者さんに通ってオーラルケアを受けていることがわかります。
今やオーラルケアは、スキンケアやヘアケアと並ぶ、30代以上の女性の美容に欠かせない存在になっているよう。ヘアスタイルを気にするように、またお肌のコンディションをケアするように、お口の美容にも気を配って、笑顔が輝くステキな30代を過ごしたいものですね。

PAGE TOP