ホーム > 30代の歯の真実 > 30代の歯の現状は?

真実2 30代から始めよう、本格的なオーラルケア

真実1 30代の歯の現状は?

お肌や髪も、お手入れをサボるとその影響がしっかり表面に出てきてしまうのが、30代。同じように、オーラルケアも30代がターニングポイントです。「私はまだ大丈夫」という油断が、やがて50代になった時に後悔に変わる確率はとっても高いのです。自分の歯で一生食べたり笑ったりするために、30代は本格的なケアの始め時!

年齢を重ねるごとに、歯も老化しています。

疲れや肌荒れも一晩ぐっすり眠ればOK!…だった20代に比べて、30代になると「肌がすぐ荒れてしまう」「使っていた化粧品が合わなくなった」「疲れがすぐに取れない」など、何かとトラブルが現れがち。それはお肌だけの問題ではありません。お口の環境も年齢とともに変わっていくのです。
30代の歯のトラブルで最もよく耳にするのが、「30代になって歯のくすみや黄ばみが気になるようになった」という声。これは食べ物や飲み物に含まれるポリフェノールやカフェイン、タバコのヤニといったステイン(着色物質)が歯の表面に沈着しているのが原因。また、加齢とともに唾液の分泌量が減っていっているって、知ってましたか?さらに、疲れやストレスがたまっても唾液はどんどん少なくなってしまいます。お口の中をキレイにしてくれるはずの唾液が減ることで、汚れや黄ばみが蓄積されていってしまうのです。

また、加齢によってボディラインが次第に崩れていくのと同じように、30代になると歯を支えている歯肉も下がってきます。すると歯と歯の間に歯垢や歯石がたまりやすくなり、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットが広がって、歯周病が蔓延しやすくなってしまうのです。30代で歯周病の危険度がグッと高まるのは、そのせい。
だからこそ、20代は自己流の歯磨きだけで済ませていた方も、30代からは正しいオーラルケアをしっかり行うことが不可欠。正しい歯磨きでしっかり歯垢を落とすだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシなどを併用して、歯ブラシでは届かない奥のすきままでしっかりケアしましょう。
歯周病は生活習慣病とも言われ、日頃のケアをどれだけ丁寧に行なっているかによって、歯の健康は左右されます。50代になって歯を失う原因の半数が歯周病だという報告があるほど!30代から歯周病のリスクはどんどん増えていきます。逆にいえば、歯周病を意識したオーラルケアは、30代から始めなければ手遅れになりかねません。
50代で歯を失うリスクの高さは、30代からのオーラルケアにかかっています。今からしっかりケアしていきましょう!

TOPIX トピックス

"80歳になっても20本以上自分の歯を保とう"という「8020(ハチマルニイマル)運動」を提唱している財団法人「8020推進財団」の「永久歯の抜歯原因調査報告書」によると、『3人に1人が虫歯で歯を失っている』、という衝撃的な報告が発表されています。
特に唾液の分泌が減り始め、お口の環境がエイジングによって変化してくる30代は、本格的なオーラルケアをスタートする大切な時期だと言えます。30代から歯を1本でも多く健康に保つために、正しい知識を身につけてしっかりとオーラルケアをしていきましょう。

PAGE TOP