ホーム > 30代の歯の真実

オーラルケアが大切な理由 30代の歯の真実

30代は“虫歯ができたら治療に行く”というケアで済ませていた20代の延長では切り抜けられません。虫歯や歯周病のリスクがグッと高まるのが30代だからこそ、お口のトラブルを予防する正しいオーラルケアをマスターするかどうかで、20年後の歯の健康は大きく変わってしまいます。30歳からは、一生もののオーラルケアを始めましょう!

真実1

30代の歯の現状は?
30代の歯の現状は?

お肌や髪も、お手入れをサボるとその影響がしっかり表面に出てきてしまうのが、30代。同じように、オーラルケアも30代がターニングポイントです。「私はまだ大丈夫」という油断が、やがて50代になった時に後悔に変わる確率はとっても高いのです。自分の歯で一生食べたり笑ったりするために、30代は本格的なケアの始め時!

真実2

30代から始めよう、本格的なオーラルケア
30代から始めよう、本格的なオーラルケア

虫歯や歯周病にかからないように…、口臭の原因を作らないように…、歯のくすみやざらつきを蓄積しないように…。様々なお口のトラブルを早め早めから予防していくためのケアが、30代から始めたいオーラルケア。セルフケアとプロフェッショナルケアを組み合わせて、トラブル知らずの健康なお口をいつまでもキープしましょう。

PAGE TOP